HOME

> 小学校受験の成功談

小学校受験

小学校受験が大切な理由 お受験ホットライン 小学校受験の成功談
お受験のコース 年長児クラス 年中児クラス
お受験情報館 お受験情報はこちらから
体験教室
体験教室【予約制】
お気軽にお電話ください
Web Book お受験の絵本
モバイルサイトはこちらから!

小学校受験の成功談

親御さんの声をご紹介しています。今後の受験対策の参考にしてください。

白百合学園小学校入学(桐蔭学園合格) ~女児~ 母親

満開の桜に祝福されて迎えた、憧れであり目標であった白百合学園小学校の入学式。 ようやくこの日を迎えることが出来、万感胸に迫るものがあります。 真新しい制服に身を包み、満面の笑みで私の顔を見つめる我が娘の姿に、 合格発表の時にはまだまだ感じ切れなかった喜びをかみ締めております。

講堂で、入学式が始まるのを待つ間、 受験当日もこの講堂で娘が試験を終えて戻ってくるのを約四時間もの間、祈るようにして待ったことや、学校説明会へ伺った際には、この講堂が二階席まで人で溢れ返っていたこと、 そして、何よりも、小学校受験に向けて、「英心」で木暮先生のご指導を仰いだことが思い出され、 胸が熱くなり、込み上げてくるものがありました。

娘は、年中の春から、ある個人教室で小学校受験に向けての準備を始めておりましたが、 そのお教室に通う度、「これでいいのかな?」という不安がいつもありました。 しかし、ある方から紹介していただいたということもあり、 なかなか他のお教室を探す勇気を持てず、ズルズルと通い続けておりました。

ところが、そのお教室の先生がご病気で倒れられたことをきっかけに、 ようやく、真剣に、我が娘に合う小学校受験の為のお教室はないものかとネット検索を始めたのが年中の10月頃。 その中で、何故かとても気になったお教室が「英心」でした。 勿論、「英心」のホームページの全てに目を通して魅力を感じたことは事実ですが、 今思えば、我が家にとって一番惹かれたのは、「縁故のない人のための」という部分だったかもしれません。 素人ながらも、私学は、縁故があって当たり前の世界だと思っておりましたし、 私の周囲で私学にご縁を戴いていらっしゃる方々は、偶然かもしれませんが、 親御さんがご出身だったり、ご親戚がご出身だったり…またお兄様、お姉様が…というケースが多く、縁故のない我が家には、私立小学校の受験そのものが難しいのではないかと少なからず思っておりました。

しかし、「英心」でレッスンを体験をさせていただき、木暮先生のご指導方法を目の当たりにし、私は目から鱗でした。 子供達を型に嵌めるようなことは一切せず、子供達一人一人の個性を尊重しながら、それぞれにあった応対をされており、 子供達が、子供らしさを失わず、伸びやかに自分らしく学んでいる姿は、見ていて微笑ましく思えたことを、今でも憶えております。 最後まで答えを教えることは決してせず、最後まで自分で考えさえ、 子供自身に、知らなかったことを知る喜びや、出来なかったことが出来るようになる嬉しさをも教えていらっしゃいました。

目的は、小学校受験ではありましたが、 木暮先生のご指導方法が、小学校入学後の娘の成長をも楽しみにさせてくれるものであると、主人共々確信し、12月頭に入会を決めました。 実は、この時、縁故のない我が家でも、木暮先生のご指導を忠実に実践し、家族一丸となって私立小学校受験に臨めば、ご縁を戴けるかもしれないという期待を抱かせていただいたのも事実で、恥ずかしながら、ようやく小学校受験に向けて本格的にスタートを切ったのでした。 今だからこそ言えますが、小学校受験の合否は、お教室選びから始まっていると、心から実感致しております。

子供は正直なもので、娘は「英心」に通うのが楽しくて仕方がありませんでした。 娘は「英心」からの帰り道に、「次はいつ?」と私に尋ねてくる程でした。 しかし、始めの約三ヶ月は、思うように成果が現れず、 前のお教室に通っていた頃の私と娘は、いかに「井の中の蛙」状態だったかを思い知らされ、 ずっと感じていた不安は的中しました。

ただ、そのような中、木暮先生はとても良いタイミングで、娘に渇を入れて下さいました。 その日、帰宅してから間もなく、娘が突然「私、白百合に入りたい!」と言い出し、私がかなり驚いたのを憶えております。 と言いますのも、まだ娘に志望校の話は一切していなかったからです。 私自身がまだ決め兼ねていて、娘に話せなかったというのが正しいかもしれません。

これを機に、娘は、木暮先生から明確な目標を持たせていただき、 小学校受験に対する意識付けをしていただいたお陰で、 「英心」で学ぶことに対する姿勢が変わったように、私には見受けられました。 そして、学ぶことの楽しさを徐々に知っていった娘は、スポンジの如く、木暮先生が教えて下さったことを吸収していきました。 しかし、子供のことですから、覚えるのも早いですが、忘れるのも早く、 またそのことを見越した反復練習を木暮先生が上手になさって下さったお蔭で、 少しずつではありましたが、着実に力を付けさせていただきました。

レッスン終了後には、毎回、木暮先生より講評をしていただき、 その中でのお話が、私にとって何と学ぶことの多かったことか…。 それまで、自分が如何に小学校受験というものに対して無知であったかを思い知らされると同時に、子育て・しつけについても、我が身を振り返り幾度となく反省しては、学ばせていただき、 そして、その後の私の子育てに即実践させて戴いたことが多々あります。

我が子を成長させたいと思うならば、まずは我が身から変えなければならないということも身を以って学ばせていただきました。 その為にも、母親として、それまで以上に我が子を知り、理解する努力をしたつもりです。 しかし、木暮先生に願書の添削をしていただいた際、 実の親以上に、我が子を理解して下さっているのを知り、さすが小学校受験のプロ!だと脱帽致しましたと同時に、心から感謝致しました。

また、時には、親子だからこそ却って上手くいかず、子供が親の話を素直に聞けないこともあり、 どのようにしたら良いものかと考えあぐねておりますと、 またまたタイミング良く、木暮先生から適切なご指導をいただき、娘も直に叱っていただいて、 親子共々ステップアップさせていただいたこともありました。

木暮先生の仰る通り、娘には、家では一切机に向かってのお勉強はさせませんでした。 但し、時々いただく宿題や、レッスン中にやり終えられなかったプリントは最後までしっかりとさせました。 また、「英心」に通う電車の中や道すがら、それぞれの分野のセオリー確認だけは徹底して行いました。 さらに、常識問題については、木暮先生から教えていただいたヒントを元に、娘が楽しみながら覚えられるであろうノートを、私がオリジナルで作成し、 娘はそのノートを大変喜び、暇さえあれば、自ら一人でそれを眺めていることが多かったと記憶しております。

そして、私にとっても娘にとっても、良い目標となったものは、 木暮先生が作成して下さった、過去の「英心」ご出身のお子様方の模擬テストの偏差値と進学先の一覧表でした。 どうしても、一般的に、通われているお教室の中だけで争いがちになってしまう私達の意識を、 もっと高いところへ引き上げて下さり、視野を拡大して下さいました。 それによって、私達が受験までにどのようにしていかなければならないのか? あとどれくらい頑張らなければならないのか?等を考えるのにとても良い指標となりましたし、 最終的に、志望校を決定する際にもとても参考になりました。

模擬テストと言えば、娘は今でも思い出したように、 「あぁ~電車の問題さえ出来ていればなぁー。あと5点で100点だったんだよぉ~。 どうして間違えちゃったんだろう? 今思えば簡単な問題だったのに…。100点取りたかったなぁ。」と言っております。 その時の模擬テストの結果は、娘にとって一生忘れられない思い出の一つになるでしょう。 そして、その時の悔しい経験が、今後の娘の人生において、様々な場面で頑張れる強さや勇気に繋がっていくものと信じております。

木暮先生のご指導の下、「英心」で小学校受験の為の勉強をさせていただいたこの一年、 親子共々、実に学びが多く、成長させていただいた一年でした。 娘には、学ぶことの楽しさを教えていただいたり、学ぶ姿勢の礎を築いていただきました。 私は、子を持つ親としてのあり方、子育てやしつけについてを学ばせていただきました。 そのお陰で、今、娘が白百合学園小学校へ毎日楽しく通わせていただけているのだと、木暮先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。 「英心」との出逢い、木暮先生との出逢いは、私達にとって宝物です。

特に、受験の本番が近付くにつれて、娘へ徐々に程よい緊張感を与えながらも、決して子供らしさを失わせず、受験当日に娘が本来持っている力を100パーセント、いやそれ以上に発揮出来るように、娘にも私にもご指導下さった最終調整は、木暮先生にしか成し得なかったと、今でも思っております。 そして、受験前日のお教室からの帰り際、木暮先生が熱く娘に語り掛けて翌日の受験に送り出してくださったこと、今でもはっきりと思い出され、親子共々たくさんの勇気をいただきました。 木暮先生、心から有難うございました。

我が家にとって、「英心」との出逢い、木暮先生との出逢いがなければ、白百合学園小学校からご縁をいただくこともなかったでしょう。 高校時代の恩師から教えていただいた言葉に、次のようなものがあります。 「変えられるものを変える勇気と変えられないものを受け入れる心の静けさとそれを見分ける英知を持て」 小学校受験に向けて過ごした私達の日々を振り返りますと、 様々な場面において、また自分自身について、娘について、この言葉なしでは語れません。 冷静に、素直に、変える勇気を持って、娘の小学校受験に臨めたことが、運をも引き寄せたのかもしれません。 今後も、この言葉の意味、重みを、度々考えながら、さらに理解を深めて、親子共々少しずつ着実に成長していきたいと思っております。